Jeep® GRAND CHEROKEE
安全性

※写真は米国仕様車の場合があります。日本仕様車は右ハンドルになります。※グレードによって装備は異なります。※写真・イラストはイメージです。

大きな安心をもたらすエアバッグシステム*1

すべての乗員に安心感を与える全方位エアバッグシステム。フロント / リア補助サイド カーテン エアバッグやマルチステージエアバッグなど、すべてのエアバッグが連動し乗る人をしっかりと保護します。

走行時の安全性能

ドライビング中の過度な緊張やストレスの軽減に役立つ数々の安全性能。
高速巡航時、車線変更時、夜間のドライブなど、走行中の様々な局面で乗員を守ります。

  • アダプティブ クルーズ コントロール(STOP機能付)*2

    速度を自動調節することで、先方車両との安全な車間距離をキープ。前方の車両が停止すると、車両を停止させるよう制御します。

  • アダプティブバイキセノンヘッドライト / ヘッドライト ウォッシャー

    ステアリングホイールの動きに追従しカーブの先を照らすことで、高い視認性を確保しながら被視認性にも配慮。ヘッドライト ウォシャーはレンズに汚れが付着するのを防止します。

  • Lane Sense車線逸脱警報プラス*3

    車両が車線の外側に出ている場合やドライバーが一定時間ステアリングホイールから手を離している場合、警告ランプと警告音でドライバーに注意を喚起します。

  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)*4

    急な割り込みや前方車両の急ブレーキなどによる事故を減らすため、他の車両に急接近しそうになった場合、1.5秒間ブレーキアシストを行うと同時にドライバーに警告します。

  • エレクトロニック・スタビリティ・コントロール*5

    車内全体に張りめぐらせた安全センサーネットワークによって運転操作を補助する他、コース逸脱のおそれがある場合にはただちにサポート機能を起動します。

ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション*6

自車と他車との間隔を常に監視するセンサーシステム。側方や後方の死角に他の車両など物体が入ってきた時、ドアミラー上のアイコンが点灯、またはチャイムで警告します。

パーキング時のサポート機能

縦列駐車時のステアリング操作やバック時の障害物検知など、
シチュエーションに応じたアシスト機能で駐車をサポートします。

  • ParkSense縦列 / 並列パークアシスト
  • Parkviewリアバックアップカメラ
  • ParkSense®フロント/リアパークアシストシステム

ParkSense縦列 / 並列パークアシスト*7

ステアリングを自動的にコントロールし駐車をサポート。ドライバーは、アクセル、シフトレバー、ブレーキを操作するだけ。またフロント&リアパーキングアシストセンサーも搭載しています。

Parkviewリアバックアップカメラ*8

車両後方の死角に障害物がある場合、あらかじめ十分な時間的余裕をもってスクリーン表示や音声で警告します。

ParkSense®フロント / リアパークアシストシステム*9

Parkviewリアバックアップカメラと連携し、スクリーン表示や警告音で障害物の存在を知らせます。後退時はスクリーン上にダイナミックディスタンスグリッドを表示し、操作をサポートします。

その他の主な安全機能

強固なセーフティケージとして乗員を包み込むボディ構造の他、 盗難や雨天時などにも最大限配慮。毎日のJeep®ライフを安心感で満たします。

強靭なシャーシ

強靭なボディで、大きな安心感をもたらすGrand Cherokee。高張力スチール使用率約65%の強固な構造で乗員を守ります。

セントリーキー盗難防止装置

あなたのGrand Cherokeeだけに適合するキーコードをキーに内蔵。正しいキー以外ではエンジンを始動できないため、盗難防止に役立ちます。

間欠時間調整式フロントワイパー(雨量感知機能付) / レインブレーキサポート

フロントワイパーは雨滴を検知すると自動的に起動。またレインブレーキサポートにより、濡れた路面でブレーキローターを乾燥させます。

*1Grand Cherokeeのフロントエアバッグは、高性能エアバッグに関する新しい米国連邦規則により認定されています。12歳以下のお子様は、常に後部座席に座らせ、必ずシートベルトを着用させてください。助手席フロントエアバッグを装備した車両のフロントシートに、後ろ向きの幼児用シートに乗せた赤ちゃんを絶対に乗せないでください。 すべての乗員は、ラップベルトとショルダーベルトを必ず正しく着用してください。
*2 アダプティブ クルーズ コントロール(STOP機能付)の制御には限界があります。このシステムは追突による被害軽減を目的とした機能で、自動で追突を回避するものではありません。また道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
*3 Lane SenseTM車線逸脱警報はドラプラスイバーの運転の代わりとなるものではありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。
*4前面衝突警報は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。
*5 いかに高性能なシステムでも、物理法則を覆したり、不注意な運転を克服することはできません。車両性能には限界があります。それは雪や氷その他の条件の影響を受ける、運転可能なトラクションから来るものです。ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)警告灯が点滅している場合、ドライバーはアクセルペダルをゆるめ、道路状況に合わせて速度と運転挙動を調節する必要があります。状況に合わせて、常に注意して運転してください。必ずシートベルトを着用してください。
*6 車線変更時には必ず周りの車両を目視で確認してください。
*7 ParkSense縦列 / 並列パークアシストは駐車時の補助機能です。駐車場のスペースや状況により作動しない場合もございます。車両の操作をするときは周囲の安全を目視やミラーで直接確認し、適切な運転操作を行ってください。
*8 前進/後退の前に必ず目視で確認して下さい。電子制御運転支援機能は、慎重な運転の代わりとなるものではありません。つねに周囲の状況に注意しましょう。
*9 前進/後退の前に必ず目視で確認して下さい。電子制御運転支援機能は、慎重な運転の代わりとなるものではありません。つねに周囲の状況に注意しましょう。